急性硬膜下血腫発生後の処置

急性硬膜下血腫は比較的速く進行します。頭蓋内出血による頭蓋内圧(脳の圧迫)の急激な上昇は制御できないので、迅速な治療を施しても死亡率が高いものです。とにかく急いで救急車の手配をします。
意識障害に至らなくても、次のような症状が見られたら緊急を要します。

– てんかん発作
– 呼吸障害
– 目、不同瞳孔(片方の瞳孔が大きい)
– 脱力感
– 麻痺-完全または一部(身体の片側または両側)
– 感覚の変化、身体の一部
– 発語困難
– 嚥下障害
– 視力の変化
– 眼疼痛

幸いにして命が助かっても、植物人間状態になったり、てんかん発作のような症状が治療後数ヶ月以上も持続することがあります。てんかん発作は、外傷を受けてから2年もたってから始まることもあります。
軽度の場合でも、大人の場合、やや回復するのに約6ヶ月、ほとんど回復するまでには約2年かかります。回復が不完全だと、持続的な脳損傷が残ります。

八千代合気会 合気道師範ブログ

八千代合気会 白井亨と武道の神髄

合気道 八千代市合気会スタッフブログ

八千代市合気道連盟 八千代合気道友会ブログ

八千代合気会 子ども達の楽しいブログ


千葉県合気道連盟


八千代市体育協会


八千代合気会 facebook